被害の大きさ

交通事故の慰謝料を加害者から受け取るには、弁護士と相談しながら、事故の被害の大きさを考慮して交渉を進めていきます。当然事故が大きいものだと、もらえる額はどんどん増えていくので、出来れば可能な限りの金額を得られるようにしたいところです。被害が大きいと日常生活を送ることすら困難になるので、そうした状況も考慮しつつ、自分がもらえる最も適当な金額がどの程度か考えてみましょう。

まず注目したいのが、後遺障害慰謝料の等級です。後期障害は、事故を起こした後に現れる後遺症などで、今後の生活に大きな損失を生む場合は、等級が上に上がっていきます。一級にもなると、任意保険基準で1300万円もの慰謝料が設定されるとも言われていますが、一級の慰謝料を受け取れる方はそれほど多くはありません。自分がどの等級に当てはまるか気になる際は、弁護士に確認してもらいましょう。

入通院慰謝料も、入院や通院のかかる期間が長ければ長いほど慰謝料は増えていきます。多くの慰謝料を受け取れるということは、それだけ被害は重く、元通りの生活を送ることは困難なので、それもう踏まえて慰謝料を請求する必要があります。さらにいえば怪我では済まず、被害者が死亡しているケースもあり、その場合は残された身内が慰謝料を請求することになります。被害が大きければ大きいほど、元通りの生活を送るのは困難となるので、出来る限り理想どおりの慰謝料を受け取ることが出来るよう、弁護士などの専門家の意見も受けつつ、生活の基盤となるだけの慰謝料を集めていきましょう。

金額の変動

交通事故で大きな被害を受けた場合、今までどおりの健康的な生活を送れなくなる可能性があります。中には仕事を失った方もおり、生活を再び安定させるために年単位で時間がかかることもあります。そうした事態に陥っても、ある程度の生活の基盤を確保するために、慰謝料の請求を行う方は少なくありません。慰謝料を受け取る際は、自分がどれだけの慰謝料をもらえるのかどうか、きちんと確認しておかなければなりません。

慰謝料は様々な要因で変動します。例えば死亡慰謝料の場合は、事故にあった方が死亡しないと得ることが出来ません。もし死亡した場合、被害者の立場が経済的な支柱となっているかどうかで、得られる慰謝料の額が変動するとされており、世帯主などの立場にある方は、配偶者や子供、高齢者以上に多くの慰謝料を請求出来ます。志望こそしなかったものの、大怪我を負って入院した際は、入院期間が長ければ長いほど保険料も増えていきます。さらに治療後に後遺障害が残った場合も、後遺障害の等級に応じて受け取れる慰謝料は増減します。

慰謝料をどれだけ多く受け取れるかどうかで、交通事故に遭ってからの生活は大きく変わって来ます。経済的な余裕があるに越したことは無いので、弁護士とも相談しつつ、慰謝料を請求するための材料がどれだけあるか、自分の身の回りの状況を一度確認してみましょう。自分では気づけないポイントも、弁護士の目を通して確認することが出来るかもしれません。

慰謝料の違い

交通事故の被害に遭った際、被害者は加害者に対して慰謝料の請求を行うことが出来ます。個人で慰謝料を請求しようとした場合、まず加害者が利用している保険会社と交渉を行うことになりますが、保険会社が指定する示談金の金額は、必要最低限の治療費の支払いに限定されるので、示談に応じてしまうと、本来もらえるはずの慰謝料を一切もらえなくなってしまいます。そのため弁護士に相談して交渉してもらうのが一般的なのですが、自分でもどんな慰謝料をもらえるのか調べておきましょう。

慰謝料は大きく分けて後遺障害慰謝料、入通院慰謝料、死亡慰謝料に分けられます。それぞれ被害者がどんな被害を受けたかでもらえるかどうかが変わり、金額も変動します。慰謝料を依頼する際は、自分がどの程度の被害を受けたのかを正確に把握し、それに準じてどれだけ金額が変わるのか知ることが肝心です。もちろん多くもらえるのに越したことはありませんが、大抵は被害者と加害者の両方がある程度納得できるお年どころを探して金額を決定するので、基準どおりに慰謝料を受け取れないことも珍しくありません。

交通事故の慰謝料を受け取るには、慰謝料の違いを把握した上で、自分がどれだけ慰謝料をもらえるかきちんと確認する必要があります。だからこそ専門的な知識を持つ弁護士のサポートは欠かせず、保険会社との交渉で、出来る限り多くの慰謝料を得られる証拠を探さなければなりません。慰謝料を請求する際は、自分がもらえる慰謝料がどんなものか、弁護士にしっかり確認してもらいましょう。