慰謝料の違い

交通事故の被害に遭った際、被害者は加害者に対して慰謝料の請求を行うことが出来ます。個人で慰謝料を請求しようとした場合、まず加害者が利用している保険会社と交渉を行うことになりますが、保険会社が指定する示談金の金額は、必要最低限の治療費の支払いに限定されるので、示談に応じてしまうと、本来もらえるはずの慰謝料を一切もらえなくなってしまいます。そのため弁護士に相談して交渉してもらうのが一般的なのですが、自分でもどんな慰謝料をもらえるのか調べておきましょう。

慰謝料は大きく分けて後遺障害慰謝料、入通院慰謝料、死亡慰謝料に分けられます。それぞれ被害者がどんな被害を受けたかでもらえるかどうかが変わり、金額も変動します。慰謝料を依頼する際は、自分がどの程度の被害を受けたのかを正確に把握し、それに準じてどれだけ金額が変わるのか知ることが肝心です。もちろん多くもらえるのに越したことはありませんが、大抵は被害者と加害者の両方がある程度納得できるお年どころを探して金額を決定するので、基準どおりに慰謝料を受け取れないことも珍しくありません。

交通事故の慰謝料を受け取るには、慰謝料の違いを把握した上で、自分がどれだけ慰謝料をもらえるかきちんと確認する必要があります。だからこそ専門的な知識を持つ弁護士のサポートは欠かせず、保険会社との交渉で、出来る限り多くの慰謝料を得られる証拠を探さなければなりません。慰謝料を請求する際は、自分がもらえる慰謝料がどんなものか、弁護士にしっかり確認してもらいましょう。